スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 /
『三次元上の二次元』

「蟻の知覚は二次元なんだそうだ──という話を何処かで聞いた」

「伝聞ですか。それで、それがどうかしたんですか?」

「一見すればなるほど?と思わんこともないが、常識的に考えれば蟻だって二次元世界の住人じゃないし、世界を二次元的に捉えているわけがない。蟻の知覚が二次元だどうだこうだという人間は想像力欠如か想像力不足のどちらかだ」

「はぁ……それで、その話?ですか? 有名な話なんですか?」

「まるっきり有名な話でもないだろうな。聴いたことない人が殆どだと思う。というか、ソース自体あやふやだ」

「うわー……なんていうか、そういうちいせぇ話に噛み付くのって人としてどうかと思いません?」

「みみっちぃ話である事は百も承知だが、別に自分は噛み付くつもりはないし文句を云うつもりもない。どうでもいいんだ。こんな話、知らない人はたぶん死ぬまで聞くこともなかったであろう話でしかないんだからな。……というか、本気で信じている人間が少しでも居るとすら思えないがな」

「まぁ確かに、だからどうしたって話でもありますけれどね」

「だからこそ、ちょっとだけ気になったって事でしかないんだがね。……さて、考えても見よう。『蟻』が世界を二次元的に捉えているという主張のその根拠は?」

「平面的な世界で生きてるからじゃないですか? そのつまり、地面にへばりついて生きてるからですが」

「まぁ確かに、蟻にとって見ればジャンプするで無しに、平面的世界に生きていると思われても仕方がないような生態ではあるがね」

「平面的世界に生きてれば、二次元の住人じゃないんですか?」

「平面的世界だからといって二次元であるとは云わないよ。完全な平面世界はこの三次元空間の中には存在しない」

「そうなんですか? パソコンの中の二次元空間とかはどうなんですか?」

「そりゃただの電気的な仮想空間だ。蟻は仮想空間の住人なのかい? 仮想と現実を混同するなよ。仮想は絶対に現実足り得ないんだからな」

「まぁそりゃそうですが──」

「さて、蟻の生態が上下運動のない平面空間的であるからといって、彼らが即この世界を二次元の世界として知覚していると言う訳ではない。その理由は何だ?」

「さぁ……世界は三次元だからじゃないですか? それか、蟻という存在自体が立体だから、ですか?」

「どれも正解には程遠いな。知覚が二次元である、あるいはない理由を聞いているのに「世界が三次元だから」というのは答えになってないぞ。蟻自身が立体だから、というのも理由にはならない。空間認知というモノは空間における“点認識”と言い換えられるので、自身の存在などを質量を持たない一点として認識することは可能だ」

「蟻がそんなわけの解らない事を考えているとは到底思えませんけれどね」

「神経容量的にも無理だろうがね。ソレは兎も角、正解で云うならばこういうことだ。つまり、『蟻にとって世界の認識は二次元空間では足りないから』だ」

「足りないんですか? 地面は這いつくばってるだけなのに?」

「全然足りないね。普通に考えてみよう。ここに円筒状の筒がある。この中に蟻を一匹放り込んでみよう。さて、彼が円筒の中を一周したとき、彼は自分が“直線に進んだにもかかわらず数刻前に自分が元居た場所に戻ってきた”経験をすることになる」

「なりますね」

「もし蟻が世界を二次元空間として認識していた場合、彼はその事をどう処理すればいいんだろう?」

「え? えーっと……世界一周したと考えるんじゃないですか?」

「その考えにはたぶんに無理があるな」

「じゃあワープしたとか」

「蟻の認識ではワープや世界一周が常態化しているというわけか。なんとまぁ恐ろしい生命体だな」

「うーーー、じゃあ正解は何なんですか?」

「簡単。二次元的認識では蟻は世界を生きていけない。よしんば出来なくはないとしても、その複雑怪奇な脳内地図は図面化することすら不可能だ」

「不可能ですか? 円筒の上を歩くとループする程度ですが」

「不可能だね。もう一つ、蟻が二次元世界の住人でない証左がある。それは蟻が作り出す巨大な建造物にして自然の芸術作品。『蟻の巣』による」

「あぁ、あれは複雑でスモンネェ」

「蟻がもし二次元の住人であるならば、蟻の巣という巨大構造物を作り出すことは不可能だ。どう考えても道に迷うどころの騒ぎではない。通路は円筒状で複雑怪奇に入りくんだ迷路のようなそれを二次元的知覚だけで認識することは出来ない」

「でも、通路といっても一次元的に現せるんじゃないですか?」

「円筒の通路を一次元的というには無理があるし、結局は空間跳躍になる。簡略化は人間の悪い癖だが、簡略なんてものに真理はないな」

「はぁ……つまりどういう事?」

「蟻の認識が前後運動だけというのは流石に言いすぎだぁね。蟻だってちゃんと世界を三次元的に理解しているよ。羽があって飛ぶ蟻もいることだしね」

「あぁ、そういえば羽蟻もいましたね……」

「だがまぁ結論からすれば、『蟻は世界を二次元とも三次元とも“認識”していない』んだがね」

「……は?」

「蟻の脳にそんだけの容量はないからな。つまり、意識そのものがないんだ。蟻が餌の場所の辿り着けるのは道しるべになるフェロモンがあるからだし、円筒の上をぐるりと回ったところで混乱しないのは何も考えてないからに過ぎない」

「うわーー、ぶったぎりだぁ」

「世の中ってのは案外そんなもんだがね」

「でも、蟻に限らず複雑な空間情報を伝達したり理解したりする昆虫は他にもいるじゃないですか? そういう昆虫でも、意識すらないんですか?」

「ある訳がないな。複雑な空間情報を伝達できるのは、彼らが空間を認識しているからではなく、生態的にプログラムされているからに他ならない。彼らは距離や位置を認識しているのではなく、ただ移動量を伝達しに過ぎない」

「見も蓋もないですね」

「ファンタジーとノンフィクションは隔たりがあるという事さ。ファンタジーは幻想だから楽しいんだ。だが、現実世界は楽しむためにあるんじゃない。ただあるがままでしかない。そこに認識論的哲学的意識的面白さは皆無だ」

「面白くないですね……」

「なに、人間も蟻と同じさ。そう思えば楽しめるだろう?」

「はぁ? 人間が蟻と同じってどういう意味ですか?」

「人間も、この三次元空間上を、思考という名の本能を使ってただ動き回っているに過ぎないという事さ」


「蟻と同じように?」


「蟻と、同じように」


雑記断片 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
 

― 燈宮 仮月 ―
Hinomiya Kaduki

趣味/
 「読書」
 「音楽鑑賞」
 「妄想」

座右/
 「初心忘れるべからず」
 「思い立ったが吉日」
 「継続は力なり」

口癖/
 「結局は程度問題」
 「時と場合に因る」
 「何事も経験」

欠点/
 「すべて狂言、、、、、

 
『他ならぬ、他人の為に』
『それはつまり、因果のように』
『世はなべて殊もなく』
コミックス・コード
『爆発的情報進化 Meme Explosion』
『Fight and Flight』
『重力の中』
『ロストリモート』
『あんちのみ?』
『日常机上』
『頭蓋骨と頭痛の間で益体も無い話』
『都市なる伝説 Netlore』
『感情と、機械の生物 nothing but ism』
『“特別”もいずれ』
『Letter』
『細胞奴隷』
『死ヲ希シ慮ル事念ズ』
『All are the gradations』
『オール オア ナッシング』
『いつかの心を 忘れる心 for me any more』
『一般的に一般人は一般的に云って一般以下である』
『引き篭もりの愚者』
『人災について』
『世界の片隅で愚痴を云ったら自分に返ってくるって意外と真理』
『危機感欠如認知バイアス Somebody else's problem acknowledgment bias』
『命の重さ──言葉の重さ Weight the mind』
『Fortuna amicos conciliat, inopia amicos probat. 』
『せめて人間らしく』
『傾ぐ世界 Poltergeist』
『自殺考察(1) 墜落追悼』


◆学術系
国民が知らない反日の実態
FreeJapan.TV (国益最前線)
マンガ論争勃発-継続中
1ドットの声にもギガバイトの魂
Open ブログ
泉の波立ち
スタンダード 反社会学講座
哲学的な何か、あと科学とか
Me pudet imprudentiae meae.
博士の独り言
IT & Economics 池田信夫 blog
日本のここがおかしい
日本経済をボロボロにする人々
rarity0
Zopeジャンキー日記
古代ギリシア哲学と現代倫理学のページ
独白日誌
山下太郎のラテン語入門
Sankei Web
ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)
JAXA 宇宙航空研究開発機構
◆サブカル
GIGAZINE
分裂勘違い君劇場
破壊屋
チェキ空ブログ
制作のしおり
ハックルベリーに会いに行く
死ぬほど洒落に
島国大和のド畜生
日常ごっこ
SPOTWRITE
無人島日記
ニートの海外就職日記
As a Futurist…
G.A.W.
地を這う難破船
オタク商品研究所plus
end-point 科学に佇む心と体
conflict error
Technobahn
痛いニュース(ノ∀`)
◆データベース系
報道監視まとめWIKI
放送されない政治家の思想と実績
エロゲ販売規制問題まとめwiki
子供の犯罪被害データベース
政治ブログランキング
無法地帯
ウェブ石碑
◆読書系
幻影の書庫
ジャックハマー
taipeimonochrome ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂
ミームの死骸を待ちながら
隠れ蓑~penseur~
◆芸術系
檸檬通り
僕のアベノライフ
◆写真系
JUNK GARDEN
染谷翔の自転車世界一周ワロスw
◆音楽系
kaiの判別式
mosaik - electronic music
19's Sound Factory
Aliced Twilightz
Iemitsu.
◆アニメ系
Other voices-遠い声-
フジテレビ“ノイタミナ” TVアニメ 東のエデン
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
化物語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。