スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 /
『Fight and Flight』


「ネットは広大だわさ」

「語尾の所為で全てが台無しですね。それはそうとなんです唐突に」

「いやぁ、ワイヤードはもう既に広大無辺にして一つの人の個においてもはや無限を体現したような物だよネェ。無限無限。どこまで広がり続けるのか、何処まで固まり続けるのか。俺にはもはや考えも及ばないヨ」

「そりゃまぁ、ほら、今の時代情報と技術の爆発って奴ですか? その内頭打ちになるとしてもあれですね。おおよそ全体を把握するんてのはもはや人間の手に余る所業ですよネェ」

「人間の主観を集団において同調並列化できない以上、無数の砂粒は無数のまま数えることは不可能だよね。あぁ、ああ。ぁアアあアああぁぁァアああ。やんなるかなやんなるかな。世の中どうかしてるよホンと。そうは思わんかいねぇ? 思わんかいね?」

「あんたがどうかしたんですか、ですが」

「鬱々う鬱うつ……人ってのはなんだろうね、やっぱりその想像力が諸刃の刃になるって事ナンやろかね。いやさ、ほらさ、ネットが広大で無辺で無限で巨大なって事はだよさ。此処に居る自分って個人がなんなのかさーって思っちまうんだわサー。なんなんだろねーホンと」

「人が多いからですね」

「そうだな。人一人がなんらかの情報を毎日、そう、個々に於いてその加減はあろうとも、上げつづけるものならば。最近じゃあたった一日、数時間、数分だけでもとてもじゃないが把握できない量の情報がアップロードされるようじゃないか。狂ってるよね。それとも普通なのかな? 普通だと思いこんでるだけなのか本当に普通なのかワカラナイな」

「それは事実として狂ってるのか普通なのかって事ですか?」

「あ、いや、そう云われれば確かに、そんな選別はありえないな。狂気か正気かは主観でしかないんだ。アレがコレが狂ってるか異様なのか、それを決めるのは観測者たる己の裁量だけか。ネットが壊れて狂ってるなんて思っちゃうのは俺の感傷だけど、うーん、じゃあそういう風に感傷を覚えてしまう俺は狂ってるのか異様なのか」

「有識者における多数決が民主的ですかね」

「お前は狂ってるって多数決で云われたら俺は狂っちゃってるのかナァ。困るナァそれは、なんか納得いかないナァ。だって可笑しいじゃんよー可笑しいよなー可笑しい。あれ? 誰が可笑しいって?」

「お前がね」

「まぁ今も昔も情報価値の低いタワゴト戯言は人の数に応じて吐き続けられてきたものだし、それが吐き出される空間が大気中なのか空気中なのか、それとも電脳中なのかその違いなんだろうよさ。それはまた大きな違いなんだろうけどさ」

「でもそう考えるなら、それこそチャットか掲示板かTwitterかブログかSNSかどうでもいいレヴェルでの会話だか駄文だかそういう全てをひっくるめて無視しちまえばいいんじゃないですかー? それこそ普通はあなたの耳には届かない空気中に霧散するべき言の葉に過ぎないんですからね」

「あぁうん? うん。まぁそうだね。聴こえるべくも無いし聞くべきでもないそんな雑音に惑わされるなんてのは馬鹿馬鹿しいさな。だが問題なのはその中にも必要であろう大事な情報もあると思うんだけど。あぁもう頭が痛くなりそうださ。──どうしたもんだわさ」

「寝ればいいんじゃないですか?」

「アァ、逃避かい? 逃げちゃうのかい? 現実逃避ってぇ訳かい?」

「うざッ。うざー。珍しく鬱々してると思ったら鬱になるとうざキャラになるんですか? うざッ。逃避なんてのはモノの云い様じゃネェかよ。人間あらゆる事に立ち向かえるわけがねーんだよ。あぁもう。多かれ少なかれ人間は逃げ続けてるんですよ。走り続けるの。それは逃走でありかつ闘争!」

「Fight and Flight ! なるほど。戦う為に逃げる事も必要だ。あらゆる闘争に参戦していたら人間は身が持たないよ。必要な闘争のための逃走。それが明確に敵であろうとも、それが戦うに値する敵かどうか見極め、そうでないならばその敵前からの逃亡も必要だということだよ。それこそが、その逃亡こそが闘争の為の闘争の一環、という訳だ」

「どうでもいい事でくよくよするなんてのはまぁ大した意味も無いですよね。そこに意味を求めてしまう、っていう所がそういう意味でそっち系のそっち系たる所以なのでしょうけど」

「どうなんだろう? そんなどうでもいい事でどれほどの人間が鬱々とするのだろうね」

「誰でもという訳でも無いし何時でもという訳でも無いんでしょう」

「まぁね。感傷的な時分も大いに関係するのだろうよね。まったき面倒な事ではあるのだけれど、困った事にナ。そういう時節もあるという事かね。最近寒いしね」

「それ云ったらそれこそどんどん寒くなっていきますよ」

「四季折々の世界は素敵で大好きだが、俺は陽気が一番性に合ってるよ。いや、消去法で陽気しか性に合わないと云うべきか。寒いのは苦手だし暑いも好きじゃない。特に寒いと──」

「寒いと? なんです?」

「体が、死んだように感じるんだ」

雑記断片 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
 

― 燈宮 仮月 ―
Hinomiya Kaduki

趣味/
 「読書」
 「音楽鑑賞」
 「妄想」

座右/
 「初心忘れるべからず」
 「思い立ったが吉日」
 「継続は力なり」

口癖/
 「結局は程度問題」
 「時と場合に因る」
 「何事も経験」

欠点/
 「すべて狂言、、、、、

 
『他ならぬ、他人の為に』
『それはつまり、因果のように』
『世はなべて殊もなく』
コミックス・コード
『爆発的情報進化 Meme Explosion』
『Fight and Flight』
『重力の中』
『ロストリモート』
『あんちのみ?』
『日常机上』
『頭蓋骨と頭痛の間で益体も無い話』
『都市なる伝説 Netlore』
『感情と、機械の生物 nothing but ism』
『“特別”もいずれ』
『Letter』
『細胞奴隷』
『死ヲ希シ慮ル事念ズ』
『All are the gradations』
『オール オア ナッシング』
『いつかの心を 忘れる心 for me any more』
『一般的に一般人は一般的に云って一般以下である』
『引き篭もりの愚者』
『人災について』
『世界の片隅で愚痴を云ったら自分に返ってくるって意外と真理』
『危機感欠如認知バイアス Somebody else's problem acknowledgment bias』
『命の重さ──言葉の重さ Weight the mind』
『Fortuna amicos conciliat, inopia amicos probat. 』
『せめて人間らしく』
『傾ぐ世界 Poltergeist』
『自殺考察(1) 墜落追悼』


◆学術系
国民が知らない反日の実態
FreeJapan.TV (国益最前線)
マンガ論争勃発-継続中
1ドットの声にもギガバイトの魂
Open ブログ
泉の波立ち
スタンダード 反社会学講座
哲学的な何か、あと科学とか
Me pudet imprudentiae meae.
博士の独り言
IT & Economics 池田信夫 blog
日本のここがおかしい
日本経済をボロボロにする人々
rarity0
Zopeジャンキー日記
古代ギリシア哲学と現代倫理学のページ
独白日誌
山下太郎のラテン語入門
Sankei Web
ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)
JAXA 宇宙航空研究開発機構
◆サブカル
GIGAZINE
分裂勘違い君劇場
破壊屋
チェキ空ブログ
制作のしおり
ハックルベリーに会いに行く
死ぬほど洒落に
島国大和のド畜生
日常ごっこ
SPOTWRITE
無人島日記
ニートの海外就職日記
As a Futurist…
G.A.W.
地を這う難破船
オタク商品研究所plus
end-point 科学に佇む心と体
conflict error
Technobahn
痛いニュース(ノ∀`)
◆データベース系
報道監視まとめWIKI
放送されない政治家の思想と実績
エロゲ販売規制問題まとめwiki
子供の犯罪被害データベース
政治ブログランキング
無法地帯
ウェブ石碑
◆読書系
幻影の書庫
ジャックハマー
taipeimonochrome ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂
ミームの死骸を待ちながら
隠れ蓑~penseur~
◆芸術系
檸檬通り
僕のアベノライフ
◆写真系
JUNK GARDEN
染谷翔の自転車世界一周ワロスw
◆音楽系
kaiの判別式
mosaik - electronic music
19's Sound Factory
Aliced Twilightz
Iemitsu.
◆アニメ系
Other voices-遠い声-
フジテレビ“ノイタミナ” TVアニメ 東のエデン
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
化物語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。