スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 /
『嫌いでも せめて 優しく Hate Me Tender』

http://slashdot.jp/developers/article.pl?sid=09/02/22/1012238
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AB%8C%E5%84%B2

「儲ける事を非難するという精神それ自体は、理解不能でもない。ただ、実際のところソレに関してどうこう云う筋合い、権利を持っている人間など在りはしないのだ」

「謙儲……ですか?」

「さて、何処から話したものか。これはなかなか料理に苦しむ話題ではあるね。……まぁ取り合えず普通に処理していくか。あんた、『謙儲』がどう云ったものか、理解しているか?」

「いえ、どうですかねぇ……取り合えずなんらかの行為によって金儲けをする事を良しとしない考え、でしょうか?」

「まぁそんなところだろう。あらゆる労働を非難する訳でもないのは確かだ。彼らは、なんらかの法則に従って、その“法則上問題がある”と思われる儲け行動を非難する。特に多いのが、ネット上に存在するさまざまなコンテンツにおける金儲けを非難する動きが多いが……それはしょうがないと云った所だろう」

「何故ですか?」

「ネットの情報は高速で普遍的だ。結果的に見れば新陳代謝が激しいお陰で非難行動が一極集中的に発生する。情報の相互伝達が速い分、情報の拡散が早い分、ネット上でそのような非難行動が大規模に行われているように見えるのは必然だ」

「まぁそうですねぇ。ネット以外のところであまり見掛けませんもんね」

「ネットでは意見がダイレクトに発信者の元に届き、また他者の目に触れる。現実世界であればそこに諍いがあることを見つけるのは困難だが、ネットの匿名性に拠る公開性を考えればもはや考えるまでも無く、それは“騒動”になる」

「騒動……ねぇ」

「そして騒動には野次馬がつき物で、人が増えれば更に人が増える。結果的にそれはネット上のコンテンツを食い荒らすことと同じだ。ネットの最大限負の側面がネットイナゴ現象で、その中の一つの派生として謙儲が存在する」

「はぁ……」

「謙儲をネットイナゴと同一視する事は多少無理があるが、本来の字義的な意味で言えば謙儲こそがネットイナゴであるとも云える。つまり、種(金銭)を撒かずに麦(コンテンツ)を食い荒らすイナゴ集団というわけさ」

「まぁネットイナゴって云う言葉それ自体が、一昔前に話題になった害虫の大量発生からきたようなもんですからね」

「儲ける事そのものを敵視する行為が解り易い形で目に見えたのが初音ミク騒動だろうか。今でもニコニコ動画その中では謙儲の考え方が謙著だ。フリーで公開していたツールを有償にするといった事でも謙儲の行動ははっきりと見て取れる。実際、それでツールの公開やコンテンツの提供を止めるといった自体は頻繁に起きていることなんだろう。知らないけれど」

「まぁ貴方の場合はあまり関心ありませんからね、そういう事に」

「関心はあるが興味は無い。まぁ言葉などどうとでも表現できるな。謙儲する人間の脳みその構造は気になるが、謙儲の被害にあっている具体的なツールなどの話にはあまり興味が無い。まぁペイントツールであるSaiにも謙儲の運動があるという話には少なからず驚いたがな」

「使ってますからね、あなたも」

「まぁ謙儲それ自体は特になんらかの思想と関係しているわけじゃない。というか、そもそも現代の日本において思想などというものを持っている人間はそうそういない。日本人の大半は右翼でも左翼でもなくリベラリズムでも無く、ただの軟派で軽薄な利己主義者だけだ。政府や政治・経済に対する固定された思想を持つのではなく、軟派な自分が考えている軽薄な思考を押し付けるだけの思想。個人主義に昇華できないそれはただの感情論だ」

「軟派で軽薄、ですか。酷い云われようですね」

「事実さ。……とまれ、嫌儲という思考はなかなか奥が深いものでもある。“底が無い”、という話なのかも知れんがな」

「はぁ……つまりどういう?」

「根拠が無いって事さ。儲ける事を嫌う事に理由が無いんだ。在るのはただ嫌だから、ムカつくから、嫌いだから。そんな話さ。感情論などに底は無い。手を突っ込んだところで答えは返ってこないよ」

「それはそうですけどねぇ……」

「嫌儲を感じる人間に特徴的な事はね、そのコンテンツやツールを前から使っていた人間の一部がなる、って所さ。ま、ある意味当たり前だよな。使って無い人間は口を出す権利が無い。そもそも意見が無い“はず”なんだから当然だ」

「まぁ……理解はできますが」

「ニコニコでもミクでもそうだが、今まで無償だったものから有償に切り替えるという事には巨大な反発が付きまとうものだ。それは今までフリーだったツールによっても同じだろう。ただでそれを消費する事が当たり前になった人間には、それを使って儲ける事に反感を覚える。……そこに大した理由など無い」

「ありませんか?」

「細かい事を云えばある。が、それは本当に瑣末な事だ。いわく、金を払うつもりは無いけれど今までもフリーだったのだからフリーでいいじゃないか、今まで使ってやっていたのに今更金を取るとは何事だ、使ってもらえるだけありがたいと思え、……下らない感傷ばかりさ。解るか? 本当に、ただ、金を取ることがムカつくようになるんだ。これはルサンチマンとかそういうものでもない。動物的な反感で、反応さ」

「動物的?」

「今までただで与えられていた餌を、次からは有償でやるという事に対する反感。今までのヌルイ状態を剥奪されたときに感じる理不尽な怒り。安住の地を荒らされたような気持ち。解るか? それが理由だ。論理的なことなど何一つ無い。嫌儲などただの“動物的な怒り”の反応だ」

「そう、なんですかね……?」

「自分の胸に聞いてみろ。覚えがある人間全員が自分の心に聞いてみろ。儲ける事がムカつくんじゃない。カネなど瑣末な問題だ。お前らが怒っているのは、ただ奪われたからに過ぎない。初めから!最初から! 自分のものでもなかったのに、取られたと勘違いしているに過ぎない!」

「奪われた……ですか──」

「そうだ。いままでずっとタダだったものが奪われたんだ。それが永遠に続くと思っていたんだ。とんだ裏切りだ。今までずっと見ていてやったのに、なんていうしっぺ返しだ。いきなり掌を返しやがって。冗談じゃない。ムカつくぞ。ムカつくぞ。お前は俺の敵だ。俺の安寧を奪った敵だ。赦さないからな。今まで通りやらない限り赦さないからな!」

「…………それ、本当なんですか?」

「知らないね。あぁ、知らないな。俺は他人の金儲けに興味が無いんだ。どうでもいいのさ。俺にとって重要なのは金を払う価値があるモノで利用する価値があるかどうかだ。アフィブログが嫌儲の対象になる理由はさっき云った話とは又微妙に違うのだろう。金の匂いを嗅ぐのも嫌いな人間の思考など俺はトレースできないよ」

「また投げましたね……」

「アフィリエイトはツールの有償化と又違った金儲け手段だからな……直接的に利用者から金を頂くものでも無い以上、それに反感を覚えるのは全く筋違いなのだが。どうあれ、“嫌う事”そのものに大した理由など無い。その怒りをどれだけ説明しようとも、そこには何も無いのさ」

「何も無い、か」

「あぁ、何も無い。理由はあっても客観的じゃない。感傷は全て主観なのだから。故に、そんな奴を相手にするだけ無駄だ。時間の無駄。だけど、それが有る事でネットイナゴがあり、ツールやコンテンツの提供者が経済的損失を受けるような事態は不条理だよな。建設的なことを何一つ為さないなら、そんな奴に発言権は何一つ無いんだ」

「じゃあ……あなたに発言権はありますか?」

「俺はそもそも発言するつもりが無いんだ。有償化するなら仕方が無い。別のものを探すか金を払うか。どの道、俺がソレに対して意見を云える様な立場には無い。彼らには彼らなりの理由や事情や思惑があってコンテンツを公開し、寄付を募っているんだ。解るか? 誰にも彼ら提供者に対して文句を言えるような権利は無いんだ。“そんな権利は無いんだよ”」

「でも、……それでも文句を云う人はいます」

「彼らに足りないのは脳みそ……失礼、足りないのは思慮と思い遣りと感謝と諦め他もろもろだ。『今までありがとう』の一言も云えないような人間が、何様のつもりで文句を言えるというのさ。自分はお客様で神様だと本当に信じているんだろうか? 客商売でもなんでもいい、双方に必要なのは相手を慮る精神と感謝、その後に必要とあれば助言の一つでも付け加えろ。ケチをつける暇があるなら助言の一つでも考えろ。建設的じゃないなら口にするな。データ転送の無駄だ」

「そこまで云いますか」

「その程度で何を云うのさ……酷いのは酷いことをする奴らで俺じゃないよ」

「しかしそれにしても、あなたも大概、社会正義に燃えてますよねー」

「何を云ってるんだ? 俺はただの個人主義者だよ」

「はぁ……それって利己主義とどう違うんですか?」


「自分だけでなく、相手の自由も慮るかどうか。決定的な違いさ」


「じゃあ私にも優しくしてくださいよ……」


「自由を認めることと、優しくする事は全然別問題だけどな」


「酷い人間ですね」


「悪い人間よりは、大分マシだろ?」

雑記断片 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
 

― 燈宮 仮月 ―
Hinomiya Kaduki

趣味/
 「読書」
 「音楽鑑賞」
 「妄想」

座右/
 「初心忘れるべからず」
 「思い立ったが吉日」
 「継続は力なり」

口癖/
 「結局は程度問題」
 「時と場合に因る」
 「何事も経験」

欠点/
 「すべて狂言、、、、、

 
『他ならぬ、他人の為に』
『それはつまり、因果のように』
『世はなべて殊もなく』
コミックス・コード
『爆発的情報進化 Meme Explosion』
『Fight and Flight』
『重力の中』
『ロストリモート』
『あんちのみ?』
『日常机上』
『頭蓋骨と頭痛の間で益体も無い話』
『都市なる伝説 Netlore』
『感情と、機械の生物 nothing but ism』
『“特別”もいずれ』
『Letter』
『細胞奴隷』
『死ヲ希シ慮ル事念ズ』
『All are the gradations』
『オール オア ナッシング』
『いつかの心を 忘れる心 for me any more』
『一般的に一般人は一般的に云って一般以下である』
『引き篭もりの愚者』
『人災について』
『世界の片隅で愚痴を云ったら自分に返ってくるって意外と真理』
『危機感欠如認知バイアス Somebody else's problem acknowledgment bias』
『命の重さ──言葉の重さ Weight the mind』
『Fortuna amicos conciliat, inopia amicos probat. 』
『せめて人間らしく』
『傾ぐ世界 Poltergeist』
『自殺考察(1) 墜落追悼』


◆学術系
国民が知らない反日の実態
FreeJapan.TV (国益最前線)
マンガ論争勃発-継続中
1ドットの声にもギガバイトの魂
Open ブログ
泉の波立ち
スタンダード 反社会学講座
哲学的な何か、あと科学とか
Me pudet imprudentiae meae.
博士の独り言
IT & Economics 池田信夫 blog
日本のここがおかしい
日本経済をボロボロにする人々
rarity0
Zopeジャンキー日記
古代ギリシア哲学と現代倫理学のページ
独白日誌
山下太郎のラテン語入門
Sankei Web
ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)
JAXA 宇宙航空研究開発機構
◆サブカル
GIGAZINE
分裂勘違い君劇場
破壊屋
チェキ空ブログ
制作のしおり
ハックルベリーに会いに行く
死ぬほど洒落に
島国大和のド畜生
日常ごっこ
SPOTWRITE
無人島日記
ニートの海外就職日記
As a Futurist…
G.A.W.
地を這う難破船
オタク商品研究所plus
end-point 科学に佇む心と体
conflict error
Technobahn
痛いニュース(ノ∀`)
◆データベース系
報道監視まとめWIKI
放送されない政治家の思想と実績
エロゲ販売規制問題まとめwiki
子供の犯罪被害データベース
政治ブログランキング
無法地帯
ウェブ石碑
◆読書系
幻影の書庫
ジャックハマー
taipeimonochrome ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂
ミームの死骸を待ちながら
隠れ蓑~penseur~
◆芸術系
檸檬通り
僕のアベノライフ
◆写真系
JUNK GARDEN
染谷翔の自転車世界一周ワロスw
◆音楽系
kaiの判別式
mosaik - electronic music
19's Sound Factory
Aliced Twilightz
Iemitsu.
◆アニメ系
Other voices-遠い声-
フジテレビ“ノイタミナ” TVアニメ 東のエデン
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
化物語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。