スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 /
『頭蓋骨と頭痛の間で益体も無い話』

「どうにも最近頭の調子が悪いんだ」

「頭が酷いのは今に始まった事じゃないと思うんですけど──」

「あぁ今はそういうのは勘弁してくれ。数日前から軽い頭痛で非常に堪らないんだ」

「おやおや、珍しいですねスルーですか。なんですか? 二日酔いでもしてるんですか?」

「あいにく二日酔いという物をあまり経験した事がなくてね。もしコレがそうならば二日酔いという物にはあまりなりたくない物だな。しかし二日酔いってのは数日間も続く物なのか?」

「さぁ、あいにくと成ったことが無いので解りません」

「使えない奴だ。さてしかし、いい加減にブログの放置も飽きたんじゃないのか? また何かしらの活動を再開したい物だな」

「していいんですか? っていうかするんですか? 私から言わせればこんな物は更新するだけナンセンスというか無駄というかはっきり云って評価マイナスだと思うんですが」

「あはぁ、確かに客観的に見ればよろしく無いかもな。いっその事閉鎖してしまった方がもしかしたら客観評価はプラスに働くかもしれん。その事はまぁ、軽く理解はしているよ」

「理解してるなら閉鎖すればいいのに」

「客観評価と自己満足は両立するのかね? 自己満足のためにやっている事を客観評価の為に破棄する必然性が何処に?」

「人の価値のほぼ99%が客観評価ですよ。自己満足の創作が客観価値でマイナスを生み出すならばそんな物は犬の餌にでもしてしまいなさいな。夫婦喧嘩より益体も無いですね」

「こいつは手厳しいな」

「そりゃそうでしょ。あなたの自己満足は価値を生み出しますか? 価値を認めてもらえますか? それがないならそんな物は道端の石ころと同じですよ」

「道端の石ころならば別にかまやしないんじゃないのかい? 誰に迷惑をかけるで無しに」

「その思考がこのように評価される事をあなたはご存知ですか? 要するに、“こいつは道端の石ころ程度の価値しか生み出さない人間である”と。そう思われたいのならばご自由に。道端の石ころを量産して道端の石ころ程度の価値であると見なされなさいな」

「そいつぁ勘弁願いたいなぁ」

「でもどうせあなたの事だから破棄するなんて事は夢にも思わないんでしょうね?」

「流石によく解ってるな。自己満足が例え評価マイナスの原因になろうとも、それ故に自己満足を放棄する謂れは無いね。此処は俺の一つの聖地なのだ。例え永遠に評価されずとも、永久にマイナスであろうとも、それを放棄はしないのだ!」

「生きるのが下手ですね」

「下手の横好きって意味か? 人生を生きるのが下手で、それでも人生を謳歌できる物なのかね? お前はどう思う?」

「それは理想的ですね。現実は非情にも無情です。生きるのが下手な人間は早死にしますよ」

「太く短く? 柄じゃないなぁ」

「生きるのが下手だって事を心の底から理解しない限り、成功はしないってこと」


雑記断片 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
『都市なる伝説 Netlore』

都市伝説(としでんせつ、英: urban legend)とは、近代あるいは現代に広がったとみられる口承の一種である。

                      出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

魍魎ノ類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
『感情と、機械の生物 nothing but ism』

ふいに聞き覚えの無いメロディーが聴こえてきて、私は後ろを振り返った。
彼はそんな私の反応をよそに、知らない歌を口ずさみながら右手を空に向けて大きく伸ばした。
空の中に見つけた何かを掴むように。

「……それ、なんの歌ですか?」
「~~……っと。なに、古いアニメのオープニングテーマさ。あんまりアニメっぽくない曲だったけどね」

そう云って彼はまたよく解らない曲をフンフンと口ずさむ。
まだ少し寒さが残る四月の始まり。
軽く厚着をして上着を着込んだ私たちは、意味もなく日の沈み始めた街角を歩いている。
葉のない街路樹が延々と続く線路脇の道は、人通りもなく静かに時間を経過させ続けた。

「いきなりどうしたんですか?」
「いきなりとは何が?」
「あなたって別に今まで歌を口ずさむような事あんまりなかったじゃないですか。なんでいきなり」
「いやなに、ただ“懐かしかったから”だよ」

そう云って彼はフンフンと鼻の先で歌うのをやめた。

「動画共有サイトで懐かしいモノを久しぶりに見かけてね。勢いあまってOPを無限ループ中という訳さ」

彼は胸ポケットの中に入れた携帯音楽プレイヤーをちらりと見せる。

「……もしかして昨日からずっと聴いてるんですか?」
「もう百回単位で聴いてるんじゃないかな」

げぇ、と私は声をあげた。
一曲5分と計算しても100回聴けば500分だ。軽く八時間以上。

「何やってるんですかあなた」
「聴くだけなら他に何をやっていてもできる」

そう云い彼は両手を上着のポケットへと突っ込んだ。

「こんな風に散歩中でも。ましてや入浴中でも食事中でも作業中でも睡眠中でも格闘中でもね」
「そこまでして聞き込んで一体なんだって云うんです?」
「別に」彼は肩をすくめて歩き続ける。「ただの自己満」

さっさと先に行ってしまった彼を追いかけて私も歩き始める。

「そんなに連続で聴いてよく飽きませんねぇ」
「さぁ、なんでだろうね?」

しかしまぁ一つの曲をずーっと聞き続けられるとは、私からしたら信じられないのだが。
というかこいつは人の話を聞きながら音楽を聴いているのか。器用な奴。

「しかしまぁ、ホントウに懐かしいなぁこれは。──学生時代を思い出すね」
「懐かしいのは結構ですけどね……なんだっていきなり散歩なんです?」
「そりゃあ、したくなかったからに決まってるだろう?」

彼はそう云って手をひらひらとさせた。

「いや、単純に珍しいと思っただけですよ」
「俺が外を歩く事がそんなに珍しいかい」
「えぇそうですよ。何ヶ月ぶりですか? 外出するの」

あー?と彼は頭を掻いて考え込む。

「1……いや、2ヶ月かな?」
「呆れた。その間なにやってるんですか」
「仕事だけど」
「よく生きていけますね──素直に感心ですよ」
「なんだ、知らないのか? いまどきは欲しいものはネットで買えば宅急便で届くし飯も出前で届けてくれるんだぞ?」

そりゃ知ってますけどね!!と私は絶叫した。
出前を電話ではなくネットで注文する時代というものが私の年代からすると異常なのだが。
というか電話でいいじゃねぇか。リアルに。

「──で、そんな引きこもりのあなたが外出しようとはこれ如何に?」
「そりゃああれだ、感傷って奴だよ」

感傷ねぇ。実にらしくない言葉だ。
遊びに誘われたからという方がまだ現実味がある。
……まぁこいつを遊びに誘うような友達は居ないと思うが。

「じゃあその心は?」

私がそう聞くと彼はんーと腕を組んで考え込んだ

「……人間は感情の生き物である、かな」
「それ……どういう意味ですか?」
「理屈と論理は違うって事」
「理解できませんが」

いくらなんでもはしょりすぎである。
もっと人類に理解可能な言語を喋って欲しいと思う。切実に。

「“人を動かすモノ”ってナンダと思う?」
「え?」いきなりそう聞かれて戸惑う私。「──そうですねぇ……」

理屈?と私が云うと、彼は手を胸の前で合わせるようなその寸前のような形を作って「惜しい」と言った。

「それは50点だな。正解は──」

そう云って彼は自分の胸を指差した。

「心……ですか?」
「そ。当たり前の話ではあるけどね」

当たり前すぎて捻った答えを云った自分が馬鹿にしか見えない。

「人は感情の生き物なんだ。あれが良い悪いこれが好い嫌いそれが善い酷い。人の行動原理は全てそこに帰結するんだよ。それはどんな人間であれだ」
「どんな人でもですか?」
「そうだよ。人の体が動くのはその脳が『いい』と、或いは『よかれと』考えているからなんだ」
「嫌なものを避けるのも、『いい』事なんですか?」
「“避けた方が”『いい』だろう?」
「あぁ、なるほど」

私の疑問にすぐさま答えてくれる。

「どんな主義や主張や信念や有り様であれ、それは当人の脳の中にある心の断面に過ぎないんだ。そして──」

ひときわ強い風が吹く。

「理屈はその心を客観的に分析した“結果”である。心が『原因』で、理屈は『結果』。因果を取り違えちゃ駄目だ」
「でも、理屈を人から聞かされれば心は動きますよね。なら結果的に人の体は理屈で動くのでは?」
「それはその理屈を主観的に心の中に組み込んだからそうなるんだ。理屈が理屈として人の中にあるのではなく、心が中心にあるのさ」

そしてなにより、と彼は云った。「理屈なんてものは瑣末な問題“なんだろう?”」

「……なんで最後を強調したんですか?」
「何故って──いちいちそんな事を考えずとも心は勝手に体を動かすからだろ」

現にこうして俺の脚は勝手に動いている……そうして彼は自身の足をパンパンと叩いた。
それがらしくないというのに。

「『心』なんてのはあなたの口から出るにしては少々詩的に過ぎますね」
「ははん、『心』の何処が誌的な言葉なんだよ」

そう嘯いて彼は笑い声を上げた。

「感傷と言い換えても良いがね。心の命じるままに! ──実にくだらないな。失笑だ」

失笑された。

「じゃあ散歩なんてやめて音楽を聴くのを止めたらどうなんですか?」
「心に反抗しても無駄だ。それは体自身の欲求でもある。そして俺自身の。なんとまぁ動物的な話だろうか。吐き気を覚えたいぐらいだ」
「じゃあ吐けよ」
「残念ながら俺の心はそういう風には動かないようだよ」

そう彼はしれと云った。
こいつに心があったとしてもきっと碌でもない形をしているに違いない。

「考えても見ろよ。感傷とか心とかさ、こんなものにご大層な神聖などあると思うか?」
「ないんですか?」
「ないだろ」

そう彼は断言した。きっぱりとすっぱりと。

「感傷を喚起させる為の理屈なんざそう多くないだろ? こうして懐かしいものを見せるか、情景たっぷりな景色を想像させるか、強く訴えかけるような歌を聞かせるか……こんなものはただの“手法”だよ。お約束なんだ。こんな、ただの技術の一つで人間の心は“感動”するんだ」

それの何処が神聖なのさ、と云って彼は空に向かって腕を広げた。

「お前を泣かせるのは簡単だ。そういう手段が既に確立されている。お前はただその手段の積み重ねによって作られたモノでいとも簡単に心を震わせるだろう。……違うか?」
「──ま、否定は出来ませんけれどね」

私はため息をつく事しかできない。

「でも、そんな短絡的な事じゃあそうそう感動でも出来ないでしょう?」
「それをそうと解らないように装うのがそういうものなのさ。どの道、その理屈を得る前に人は心が勝手に動くものだ

そうだ、と彼は云った。

「お前の心は自由にして感動を得るんじゃない。人として常識的な範囲内でしか心は動けないんだよ。……こんな自由もへったくれもない心など神がかってすらいないな」
「心が自由じゃないねぇ──結構、自由なものだと思いますけど?」
「宇宙人の恋愛に感情移入できるのかお前は」私はふと考えた。グロテスクな宇宙人が手を取り合って見つめ合っている。
「デキマセンデシタ」

ほらな、と彼は笑った。

「人間は理解できる言語しか“理解できない”ように、心ですら理解できるものしか“理解できない”んだよ」
「はぁ……」

私は間抜けな顔をして話を聞くことしか出来ない。

「人の心は“自由にして感動を得る”んじゃない。常に常識的な範囲内でしか“感動しない”んだ。なんと矮小で凝り固まった自我よ。お約束でしか感動できない心にご大層な発展があるとは思えないね」

吐き捨てるように彼は云う。

「そういう意味で言えば、人の心なんてものは実に“機械的”じゃないか。感情とはただの機械でしかないのさ。『これこれここをこうしてこうすれば心は感動する』『あれこれそれをどう刺激すれば心はああ感じる』などなど……という訳だよ。この──感情と、機械の生物が」

轟、音を立てて脇を電車が通り過ぎた。

「肉体から創発した自我はしかし、それでも肉体から独立して自由な存在ではありえない。この生物機械である身体から生まれた心は、それ故にまた機械でしかない。……走光性と同じさ。必要なものに向かって移動し害なるものから逃避するそれは微生物となんら変わりない機械的反応なんだ」

『心』ってのは“走性”なんだよ──彼は苦い顔をしてそう口にした。

「微生物から続くそれは本能に過ぎない。心の由来は微生物にまで遡れるという訳さ」
「……そうまでして心を貶しますか」
「貶しているつもりなんかないよ。──褒めているつもりもないがね」

彼は肩をすくませてだんだんと暗くなる道を歩き続ける。
私もその後について並木道の下を行く。
途中で塾帰りの小学生たちとすれ違った。彼らの無邪気な笑い声が響く。

「子供たちも機械なのかな?」わたしがそう呟く。
「子供も機械だ。創発の途上、自我形成の中途。どの道、彼らの心が辿り着く場所など高が知れている」
「あの中からノーベル賞を受賞するような人が生まれたとしても?」
「ノーベル賞をとる心がどう優れているという訳でもないだろ。天才も凡人もみんな機械さ。その優劣は機械的な意味での優劣に過ぎない。その機械が持つ知識か、技能か、発想か……その違いさ」

あぁ全く、そう云って彼はその耳からイヤホンを取り外した。

「いつになればこの“心”から俺は独立出来るのだろうね」
「独立したいんですか?」
「独立したくないのか?」

逆にそう聞き、彼は動き続ける音楽プレイヤーを手に持ちそれを通して空を見上げた。

「この心から自由に成れれば、俺は何処までもいけるだろう。──そうは想わないか?」
「それは不可能命題ですよ。不可能だからそんなことが云えるんです」
「俺は自由になりたいかどうか聞いてるんだがな」

そう云って彼は私を振り向いた。
その眼が私の目をじっくりと見つめ返す。

「私は……別にこの心から脱却したいとは思いませんよ」

そうか、と彼は呟く。

「俺は脱却したいよ。こんな感傷(モノ)は……」

そう云って彼は音楽プレイヤーを握り締めた。

「ただの無駄さ」

無い方がよっぽどマシだ。

──よっぽど、マシさ。

この、感情と、機械の生物が。

こんな感傷で時間を浪費して……ホントウに。

馬鹿みたいだ。

それでもそうしたいと思うこの心が。

本当に。

──本当に、馬鹿みたいだ。


雑記断片 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
『“特別”もいずれ』

こんにちは。こんばんは。そして明けましておめでとうございます。

新年明けてから一ヶ月以上ブログ放置するとかいい度胸ですね。いいや度胸がなくても更新はサボれるぜ。どうあれ気を改めた方がいいね。死んだ方がいいね。

さてあれからこっちずーっとTwitterの方で呟き続けておりました。

やってみればこれはこれでなかなか面白い(もともと否定する必要もないのだが

さて、しかしこれまた世間一般で言われるほどTwitterに思い入れも何も無いので、ま、比較的どうでもいいのだが。

Twitterを説明する際に色々といわれているが、個人的には“RSSみたいだな”と思った時がある。

勿論、この感覚自体は間違ってもいなければ正しくも無い。

短いブログだとか返信の遅いチャットだとか流れの速い掲示板だとか色々言われてはいるが、個人的にはRSSだつった方がしっくりくるってだけ。

俺がTwitterをする理由は大抵の場合情報収集であって、チャットのようなものは二の次である。

となると、短縮URLが書かれた呟きを長いスレッドの中から探すのだが、これが本当にRSSを読んでいるような感覚になるのだ。

そうするとフォローを増やす(登録する)作業も、自分が欲しいような呟きを吐き出してくれる人などを必然登録することになる。(この辺もRSSに通じるものがある

てーな訳さ。

一つのブラウザを立ち上げるだけで少なくとも登録した人の最新情報や有用な情報が手に入るという仕様は便利である。これもまたRSSらしいじゃないですか?

しかし特別なツールだって使い続け日常に組み込むうちにそれが普通になってしまうのだ。

特別であり続けることはどんなものにも出来ない。

さて、その事を神に感謝すべきなのか、呪うべきなのか。

という訳で近況。色々やばい

なんもこーぎゃーー


雑記断片 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
『Letter』



ああ



ああ




知っている



知っているんだ


僕が此処に居る理由を


君が側にいる訳を


ああ

そうなんだ



でも



忘れてしまうんだ



すぐに忘却してしまうんだ



優しさを


そのまなざしも


ずっと僕らをみてくれていたのに


きっと僕らを



忘れたことすらないのに


気付かないんだ



馬鹿だから



餓鬼だから


なのに彼らは


罪深かった僕らを




それでも許してしまうのだろう



それが


大人なのだ



ああ


だから



悲しいぐらいに

子供でしかない僕らは


たった一人じゃ


大人になれないんだ


僕が此処に居る理由を

君が側に居る訳を



独りがふたりに


二人が三人に



僕らが命を繋げたら



その瞬間から


僕らは大人になり始めるんだ


あなたをおそるおそる抱き上げよう


あなたの泣き声に右往左往しよう


あなたを連れて釣りにいこう


あなたの入学式にビデオを回そう


あなたが熱中する様を眺め続けよう


そしていつか


あなたが私達を抜き去っていこうとも


いつまでも見守り続けよう


いつまでも



いつか時々顔を見せくれれば


お土産の一つでも持ってきてくれれば


いつまでも元気で居てくれれば


それにまさる幸せはないのです



だから僕らは



大人にならなければいけない



だって


そうでなければ



僕らは本当に理解できないから


だから



だから



僕らは沢山のものを




あなたから貰いに行くよ








そしてそれを返すんだ






僕らの親に







母に感謝を








父に手紙を








僕らは







大人になりました、と






妄想詩篇 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
『細胞奴隷』


ついに堪え切れなくなり、俺は胃の中のものを吐き出した。


吐瀉物が地面に打ち付けられ、夜の路地裏にビタビタと不愉快な音が鳴り響く。

それでも尚俺は咳き込み、わずかに残ったカスさえも胃の中から排除しようとしている。
口の中は酸味と苦味とで訳が解らない事になっていた。それがまた嘔吐を誘う。

先ほどまで食していた食べ物がほぼ未消化のままコンクリートの上に撒き散らされている。
ご飯、肉、野菜……そして酒。

“気持ち悪い──”

そう考えた瞬間、そのときの感覚が思い出され、俺はまた吐き出した。
粘り気のある濁った黄色い液体が口から滴る。もはや空となった胃の中からこれ以上まだ何を吐き出そうというのか。
ふいに涙がにじみ、目頭から液体が零れた。

アルコールを摂取すれば感覚が鈍くなるという。
それはそうなのだろう。アルコールは中枢神経を麻痺させ反応や思考を鈍くさせる。アルコールの分解生成物であるアセトアルデヒドは毒物であり、頭痛や不快感を引き起こす結果的に神経を弱らせる。
だからこそ、酩酊してしまえばどうにかなるのではないかという期待をこめての飲酒だったのだが、残念ながら効果はなかったようだ。

どうやら俺は、アルコールの分解が存外に早いタイプらしい。

ALDH2(アセトアルデヒド脱水素酵素/アルデヒドデヒドロゲナーゼ)活性が強いというのはこの場合、僥倖であろうか、不幸な事なのであろうか。
酒に酔えないという事は、人間が持つ逃げ道の一つを奪われているようなものではないのか。
……いや、

あれはあれで美味しいとも思えたのだが──

今更ない道を悔やんでも仕方がない。

薄汚れた壁に手を付き、呼吸を整えた。
先ほどまでに吸っていた空気をすら吐き出す勢いで嘔吐を繰り返したお陰で、多少は楽になった気がする。
口の中に残った酸味を唾液と共に吐き捨てる。つぅ、と口から糸を引き、唾液の固まりは吐瀉物の中に落ちてまぎれ込んだ。

“気持ち悪い──”

手の甲で口の端をぬぐい、不快な汚れを落とす。
息はまだ荒いが生命の危険を感じるほどではない。
俺はなんとか動く脚で場所を少しずらすと、今さっき嘔吐を繰り返したところから少しだけ離れた場所にずるずると座り込んだ。
少しでもいいから休まないと、まともに動ける気がしないのだ。
しかし、どちらにせよいつまでも此処でえづいている訳にはいかないだろう。さっさと家に帰らなければならない。
ここいらの住人には申し訳ないが吐瀉物はそのままにするしかなさそうだ。

大きく息を吸い込むと、冷えた空気が喉を刺すようだった。

冬の夜(クリスマスイヴとか云う奴だ)に俺は一体何をやっているんだろうか。
誰か女が雪が降ればよかったのにねと云っていたのを思い出す。
積雪などこの数年ついぞ見たことがない。
不快感で充ちている今のこの体に寒さは感じられなかった。

“もし雪なんか降っていたら、このまま凍死しかねないな──”

そんなことばかりが思い浮かばれた。
あぁ、くそ。それもいいかなんて思い始めている俺がここにいる。

……この世の半分は、地獄で出来ている。

或いは、もう半分ですら、俺には苦痛でしかないのかも知れない。

そんな事を云ったら笑われるだろうか。
まるで安っぽい終末論者か。或いは悲観主義者か。
どうあれ馬鹿にされるのがオチなのだろう。

だから俺は、誰にもそんな事を言ったことがない。
云ったところで、大抵の奴は理解してくれまい。

だから俺は、『普通』でなければならなかったのだ。

『普通』を演じなければならないのだ。

死ぬまで『普通』である事をアピールしなければならないのだ。

あぁ、しかし、けれど、なればこそ……

“普通でない人間”がいつまでも“普通の人間”を演じられるわけがないのだ。
いつかかならず、ボロが出る。いつか絶対、無理が出る。

例えどれほど自分を騙そうとも、例えどれだけ他人を騙そうとも、あぁ、真実本当のところはつねにそこにあり続けるのだ。
心に嘘はつけないのなら──酒を飲んでも酔えないならば……吐き出すしかない。

ふいに胃が裏返り、空になっているはずの胃から“何か”がせり上がってくる感覚を覚えた。
反射的に背中を丸め口を押さえる。
しかし何も出てくるわけがなく、ただ喉が苦痛に震える音だけが唾液と共に吐き出されるだけだった。

その代わりに、ただ涙だけが溢れてきた。

悲しいわけではない。ただの生理的な反応に過ぎない。

鼻と繋がった涙腺に、上ってきた胃液が反応を促しているに過ぎない。

だがそれすらも、俺からすれば煩わしい事であるのだ。

お腹がすいたら飯を食い、
眠くなったら横になり、
便意を感じたら糞をする。

それらのあらゆる全て、この肉体という肉の塊が持つ、神経細胞が引き起こす化学反応が、欲望という名の生理学的反応が、とてもとてもおぞましいのだ。

俺は人間的な生き方のほぼ総てを否定しているのだろうか?
なればそれはそれで構わない。

“人間的な生など、殆ど全てが糞のようなものだ”

摂食行動などただのエネルギー補給に過ぎない。
それを飾り付ける意味が解らない。
美味しいものを食べたところで何の意味もないではないか。

睡眠など時間の無駄だ。
そんなものを必要とするこの肉体が疎ましい。

……あぁ、解っている。
こんな事を云ったって誰にも相手にされないだろう。
だったら死ねよ、という奴は云うだろう。

だが俺はまだ死にたくはないのだ。
どれほど不愉快に思おうとも、俺はこの肉体と付き合わなければ生きていけないのだ。

“俺”という存在を生み出すこの『脳』を生かす為に、これら不愉快なものと一緒に生きなければならない。

不愉快だと、口に出す事は悪い事か?
不愉快ならば死ねばいいと、消えれば云いと、そんなのは極論だ。

鈍感な奴は幸せだろうと思う。

それとも。

鈍感な方が幸せである事を神経細胞が知っているならば。

奴らはまさに、神経細胞の奴隷でしかない。
それは動物じゃないか、と俺は思う。

神経細胞が望むままに生きるという事は。
本当にそれは人間の生なのだろうか。

でなければ。

こんな風に考える俺の神経細胞のほうが、異常なのか。
細胞が持つ欲望を押さえ込むのは、生物としては間違っているのだろうが。

そんな得体の知れない、由来の知れない欲求などでこの精神を蝕みたくはないなどと。

……ッ

──思考がまとまらない。

頭を振りなんとか立ち上がる。
どれだけ嫌悪しようとも、俺はまだ人間としての欲求にある程度従わなければ生きていけない。
汚れを落とし空腹を充たし睡眠をとりたいと、これでも体は云い続けるのだ。

不愉快なほどに。

不愉快なまでに。

……胃の中が痛い。
歩く足取りもままならなず、フラフラと夜の道を進む。

内臓が握りつぶされるような感覚。
平衡感覚が狂ったような視界の中をのろのろと動いて行く。

す……と。

ふと、こんな夜遅く。
途中で女性とすれ違った。

香水だろうか、特異な刺激臭が鼻を突く。

綺麗な女性だったろう。客観的に見てそれは疑いないと思う。
しかしそれでも。

俺は思わず口を押さえ、吐きこんでいた。

あぁ、全く。

全く。どうして。


どうしてこんなにも“オンナというものは気持ちが悪い”のだろうか。


その乳房も陰唇も。見るに耐え難くグロテスクな器官なれば。

あぁ、その口も、肛門も、何をくわえ込み何を垂れ流すのか。

女が喘ぐ姿を見ただけでも怖気が走る。
男の陰茎を差し込まれた姿など醜悪そのものだ。

まるでエイリアンの交尾ではないか。

小さなエイリアンが地球外の物体Xと絡み合う……吐き気を催すような情景だ。

ゲラゲラと笑うような幻聴が聞こえる。
馬鹿にしたような男と女の顔がチカチカと目に映る。

訳のわからない声をあげ、訳のわからない奇矯に走る男女のマグワイが……。

どん、とガラスに体がぶつかった。
ズルズルと崩れ落ちそうになる体をなんとか支える。

そうだ。

自分は“性”そのものを忌避している。
あれほど気色の悪い部位も、行為も、人間の生のうちにもそうは無いだろう。

本当に。

意味が解らないのだ。

ペニスと、ヴァギナの、ある意味が。

それらを交えるという意味が。

性欲というものが。

訳のわからないAVが。

過激にして奇妙な性行為の数々が。

何故そんなにも人々に必要とされるのか。

それがあるという事が“普通”とされるのが。

あんなにも。

あんなにも、気持ちが悪くて、気持ちが悪くて、しょうがないものだというのに!

──細胞の奴隷は幸せだ。

海綿体の膨張に一喜一憂し、前立腺への刺激で快感を得る。

それは、“ただそれだけ事”にすぎないけれど。

過ぎないはずなのに──

「ぐ……」

胃がせり上がってくる。
内臓そのものすら吐き出せたならどんなにか楽になれるだろうか。

嫌なら見なきゃいいと人は言うだろうか。
陰茎を切り落としてしまえと云われるだろうか。

それができれば、苦労はしない。

普通でなければまともに生きていけないこの世界で。
そんな普通でないことを選択など出来はしない。

そんな決断を出来るほどには、俺は強くないのだから。

だから。

辛くなったら吐く位のことしか、俺には出来ない。

今も昔も。これからも。死ぬまで。永遠に。

「気持ち悪い……」

胃液をぬぐいながら、俺はきりがないほど呟き続けたその言葉を繰り返す。

──気持ち悪い

呪詛のように。

──気持ち悪い

延々と。


──本当に、気持ち悪いんだ。

魍魎ノ類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
『死ヲ希シ慮ル事念ズ』


死ぬ勇気はない。ただ、朝起きたら死んで居たらいいなと思っただけだ──


   ※


首が捻じ切れたところで、俺はこれが本当の“死”だと思った。

というのは勿論俺の勘違いでしかなく、気が付いたら俺はただベッドの上で喉をかきむしっている最中だった。
朦朧とした意識の中で寝返りを打つ。自分の首が何処にあるのか解らないまま手のひらを見た。
血は、付いていなかった。
ゆっくりと意識が覚醒をはじめ、自分の首が千切れてないことに今更ながら気が付いた。
子供のように背を丸め、目をきつく閉じる。深く深く息を吐き出し、四肢の健全を確かめる。
あぁ、とため息をついた。

俺はまだ、生きている。


   ◆


あれからすぐに顔を洗い朝食をとり、取る物もとりあえず家を後にした。
急ぐでもないが大学に早く行っても損はないだろう。だが、どちらかと云えばあのままあの部屋にいたくなかったというのが本当のところだ。
あそこに住み始めてから、本当に碌な事がない。
いつものように早足で商店街を抜けて行く。自転車は使っていない。
何のことはない。駐輪場の代金をケチっているだけだ。
案の定、商店街を抜けた先の駅前最後の信号機に捕まってしまう。ここだけは押しボタン式でどうしてもタイミングよく抜ける事ができない。
誰も押していないようだったので、仕方なく電信柱に備え付けられた押しボタンを押そうと足を踏み出した。

その瞬間。
爆音と共に自分の体が吹き飛ばされた。

長く長く滞空する。空の中に自分の足が見えた。
体が軽くなったような不思議な感じ。体の中が無重力になったような。
世界が上下左右になんどもぐるぐると回り、やっと最後に地面に叩きつけられた。
自分は何が起こったのかわからずに宙を見上げていた。
周りの人たちが何かを云っている。しかし脳みそから鳴り響く金属音が煩くてよく聞き取れない。
心臓の鼓動にあわせて全てがのたうっている。
大変なことが起きているという実感はない。ただ自分の体が不自由に感じる、ただそれだけだ。
周囲を確認しようと起き上がろうとするが、うまく立ち上がれない。
なにが悪くて立ち上がれないのか良く解らない。
そういえば、人間ってどうやってこの状態から立ち上がるんだっけ?
どうにか立ち上がり方を思い出そうとするが、どうやら忘れてしまったようだ。
しかたなく首だけ動かして周囲を確認する。首の動かし方はまだ忘れては居ないようだ。
視界が動き、空以外のものがやっと目に映った。
それは血だった。
それは実に奇妙に思われた。
血だまりというほどではないが、それは確かに体から流れた血のようにだった。存外、人の体から血は流れ出ないのだな、と無意味に思った。
しかし仰向けというのは本当によく周りを見難い。やってみれば解るが首だけを動かして回りを確認するのは至難のざわだ。
何故こんなにも大変なのか考えてすぐに答えにいきついた。上半身を捻っていないからだ。
どうやら本格的に体の動かし方を忘れてしまったらしい。
やれやれと思いながら反対側に首を回すと──そこにもまた異様なものが見えた。

断面だ。

人の体の断面。よく解らないが、たぶん、お腹の辺りの。
内臓が綺麗に見えるわけではない。それは無理やり引きちぎられた感じのもので、ただ赤と黒が混じった肉の塊だった。
流れ出たと思われる血は少なく、精精コップ2~3杯分ぐらいの量がアスファルトに撒かれている程度だった。
断面の向こう側に足がくっついている。あれはつまり、下半身だ。
では、あの下半身の持ち主である上半身はどこにいったのだろうか。
周りを探してみるが、どうにもそれらしい人物は見受けられなかった。
あの持ち主はどうなっただろうか。即死だろうか。のうのうと生きているとも思われないが。
……ふと気がつき、手を動かしてみる。どうやらまだ動くようだ。
俺はその右手を使い自分の体を触ってみた。
胸……心臓……臍……そこまではある。
しかし、其処から先がどうにも見つからなかった。
腎臓がある辺りの空間にはなんの手触りもなく、ただ右手は宙を撫でるだけだった。
確認しようにも自分の首はその辺りを見ることが出来ない。
ただ、どうやらあの下半身は自分のもので確定のようだ。あの足がつけている服は今朝自分が来た服に間違いがないのだから。
体を上手く動かせなかったのは足がなかったからか……と妙に納得した気分になった。
そうしてそれを理解しすると、だんだんと視界は赤く染まって、痛みが体中にしみこんできた。
それは痛みというよりはもはや形容しがたく。
理解不能な激痛が全身をすり潰していく。
そのあまりの酷さに声にもならない絶叫をあげ、俺は喉を振るわせた。


   ◆


気がつくと駅の改札の前に俺はいた。
きつく握られた右手には定期券が握りこまれ、全身から汗が噴出していた。
上手く声を出す事が出来そうにもなく、自分はそこで数分間ただ突っ立っていた。
気にするな。
気にするな。

いつもの事だ。

そうしてようやっと呼吸が整うと、自分はそのまま改札を抜け、駅のホームに踏み出した。
どこでも寝てしまう病気というものが在った気がする。
では、どこでも悪夢を見てしまう病気というものはあるのだろうか。
それともあれは妄想なのだろうか。白昼夢ではなく、酷くリアルな。
自分は狂っているのだろうか。
……いや、それはない。
俺には別に精神を病む理由などない。精神衛生は極めて良好。肉体的にも恵まれている方だと思う。
妄想や幻覚、幻聴の類を見た覚えもない。
それにしても酷い話だ。ここに越してきてから悪夢ばかり見るようになってしまった。
とりあえず未だ日常生活に支障はないので放置してあるが、流石に身が持たないかも知れない。
駅のホームにアナウンスが鳴り響く。
そしてそこで俺は一つのどうでもいい事に気が付いた。
ここは駅のホーム。そして俺は列の最前線。後ろには多くの人。今まさにホームに滑り込んでくる電車。

あぁ、来るな──そう思った刹那。

自分の背中が突き飛ばされるのを感じた。

嗚呼、全く。酷い悪夢だ。
それともこれだけは現実なのだろうか。
眼が覚めたら普通に電車に乗り込んでいる自分が居るのだろうか。
それとも。
今まさにバラバラに切断されたこの自分こそが、本物なのだろうか。

とりあえずどうでもいい事が一つだけある。
それは。
自分はまだ、死ぬ勇気はないという事だ。

どんなに悪夢が続いたとしても。
自分はまだ死にたくはないのだ。

だから、──いつか本当にそのまま死んで欲しいと思っている。


切実に、そう思っている。




魍魎ノ類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
『All are the gradations』

凡てはまた、階調に過ぎないのですよ──とは云われたものの。


(人形劇)


「それが、よくわからないの。だって、あなたとわたしはぜんぜん別物でしょう?」
「あなたも私も、一つの色調に過ぎないのです。グラデーションの中に位置づけられる一つの要素でしかありません。私とあなたに微小な差異はあっても、巨視的な意味での違いなど無いのです」
「その差異がじゅうようなんじゃないの? だってそれがあるからわたしとあなたはやっぱり別々になるんだもの。それがなかったらアップルパイとカレーを同じものだというのと同じじゃないかしら」
「アップルパイとカレーは同一です。私とあなたも同じ事ですよ」

ぜんぜんわからない。

「私とあなたのことを知らない人から見れば、私とあなたは区別できないのです。或いは、判別できないのです。その人からすれば、わたしのように見える人はあなたかも知れないし、あなたのように見える人は私かも知れません」
「……なんだから頭がこんがらがってきたわ」
「中身も外見も微小な差異によりその形質が決定されているに過ぎません。人にとってはそれが重大な違いに見えるのかもしれませんが、やはりそれはただの形状に過ぎないのです。意味なんかありません」
「人にとってその違いがじゅうようなら、やっぱりそれに意味はあるんじゃないの?」
「勿論、“ある”とする事は出来ます。そのように決定するという事が、生きるという事なのですから。でも、やはり“無い”とする事の方がより自然な選択なのです。それが普通です」
「ぜんぜん、ふつうに思えないけれど」
「それは、あなたが生きることにまだ固執しているからですよ」
「死にたくなれば、そういう風に思えるの?」
「自死への志向もまた生への渇望に過ぎません。巡り巡り生を肯定する考え方です。だから、それではまだ足りません」
「じゃあ、どうすればいいの?」
「頭を空っぽにすればいいんです。そうすれば、意味なんか無くなりますよ」
「空っぽにして、どうするの?」
「意味なんかありませんよ。空っぽにするのですから。思考を無価値化し、自己を無意味に還元し、他者の区別をなくし、生きる意味をなくし、世界の意味をなくすのですから。意味の消失こそが目的なのです」
「それに意味なんかあるの──? って、聞くこと自体意味がないのかしら」
「意味はあります。一度全てを無意味に還元する事で見えてくる世界もあるのですから」
「それはつまりどういう?」
「それはつまり、無価値を理解するという事です。生も死も白も黒も光も闇も時間も空間も、心ですらただそこにある現象に過ぎないという事を理解する事です。永遠もオリジナルも独自の価値もそんなものは“無い”ことを知る事です」
「……それはとても、とても虚しいことじゃない?」
「真逆(まさか)」

そしてわたしの目の前にすわっていた彼女は、大きく口を歪ませて楽しそうにわらったのだ。

「これは総てを楽しむ為の思想なのですから、それはそれは、とても幸福な考え方なのです」


──それはそれは、とてもとても、幸福な考え方なのです。


妄想詩篇 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
『オール オア ナッシング』

「ふっっっっっっっっっざっけんなッ!!」

思わず投げつけたコントローラーが宙を舞う。
寸瞬の間を置いて入力デバイスは大きな音を立てて床に転がり落ちた。

「ノーダメとかマジありえねぇし! 人間じゃねぇーー!」

一通り思いつくような悪態が頭の中を駆け巡り、俺は肩で息をした。

「なんつー……」

しかしすぐにはと思い直して、コントローラーを拾いなおす。
ディスプレイ上に浮かんだ対戦ゲームの画面を覗き込むと、相手のキャラクターが今まさに勝ち口上を言っている最中で止まっていた。

「なんだよこいつ──完全にレイパーじゃん……」

相手のキャラは決して性能的には強い方ではない……というかむしろ弱キャラとされる部類の奴だ。
片や自分の方は多少優遇されているといってもいいような──要するに強キャラなのだが……いや、上手い奴が使えばどんなキャラだって強いは強いのだ。

問題はキャラ性能ではなく、相手の桁違いの強さだった。

俺はそれでもそこそこ腕には自信があり、まぁ人間辞めた連中よりは弱いのだが、そこそこ上級者相手にも戦える自負はあったのだ。
立ち回りもそこそこ。相手に合わせて戦略を変えることも出来る。勿論、コンボ精度はほぼ100%。ミスも少ない方だと思う。

だが、今先ほど戦った相手はそんな次元を軽く超えていた。

「結局ダメージ与えられたの初戦の1Rだけかよ──」

これはもう本当に人間を辞めているとしか思えない。
読みの深さが尋常じゃない……というか、完全に相手の動きを読んでいるとしか思えない。

こちらの動きを見た瞬間に、それに応じた行動を瞬時に行っている──感じ。

言葉で言うのは簡単だが、これほど実現が難しい事もない。
当然、硬直が長い技などとなれば反応できる人はそれなりに居るのだが、そうでないなら話は別だ。
1F(フレーム)つまり、1/60秒の差で攻撃の可否が決まるゲームでノーダメージを実現するのは相当な技術と経験が必要である。

ましてやそれを2戦の2R共に続けて達成するなど人間の技ではない。

「最後は完全に虐殺だったな……」

最終試合はもはやこちらが攻撃を振る余裕すらなく、ただひたすらに相手の攻撃をかわししのぎそれでも最後には殴られるしか道は残されていなかった。

「つーかどんだけこっちの動き予想できてんだよ! 暴れとか反撃が全部潰されるとかありえねーから!」

格闘ゲームはその進化の性質上、ハメ技は存在せず、常にこちらが不利な、つまり相手が有利になる場合が多々あるように設計されている。
そうする事で一進一退の攻防や、攻撃を回避しての反撃などが行えるようになっているのだ。

しかし今回の相手はそれらを全て拒否してきた。
正確に言えば、こちらが優位Fを見逃さずに回避や反撃に転じようとしたところを、それを見透かしたようにこちらの動きに合わせて直前行動を変えてくるのだ。

「もはや上級者ってレベルじゃネーだろ……どうしてこんなところに居るんだよ。──まぁレイパーに違いないんだけどさ」

下級者相手にここまで出来ればさぞ気持ちがいいもんだろうよと思う。
なんせパーフェクトゲームである。

そして俺は本気でムカついていた。
なんせパーフェクトゲームなのだ。

この行き場のない怒りをどうしてくれよう。
名前を晒してやろうかと思いつつ相手のプレイヤー名を見たところ、

「HAL……9000?」

変な名前だなと思いつつスタートボタンを押したが、唐突に相手との回線が切られた。

そういや3戦だけって話だったか。

煮え切らない何かを感じたまま掲示板を立ち上げ、相手の名前を晒そうとしてふと手を止めた。

「なんか……かっこ悪いな」

曲がりなりにもそこそこ上級者である俺がボコボコにレイプされましたなんていうのは、如何にもダサいではないか。
しかも俺の名前はスレ内でもそこそこ知られている。
下手な事を云ってしまえば、ちょっとボコられたぐらいでレイプされたとか云う、自称上級者(笑)なんて云われかねないのではないか?

そう思うと相手のネームを晒すのもなんか馬鹿馬鹿しくなってきてしまった。

納得いかないのは確かだが初心者や中級者でなしに、強い奴にぶち当たってぶち殺されるのも仕方のないことではないのか。
腕っ節が強い事を自負するならレイプまがいのことをされても仕方がないという事なのだろう。

という訳で俺はそのまま掲示板に、対戦ありがとう御座いました、と書き込んで回線をいったん遮断した。

「よいしょっと……」

そしてそのまま返す刀で初心者スレに移動し、対戦募集の書き込みをする。

ユーザーネームを書き換えるとすぐに対戦相手が見つかり、そのままキャラセレクト画面に移動した。

上級者を名乗る以上、レイプされた事はショウガナイ。水に流そう。
だが、この怒りは解消しなければならない。
ゲームで受けた怒りはその場のゲームで発散するべきだ。

つまり、今度は俺がレイプする番だ。

これがゲームであり対戦である以上、ある程度の礼儀は必要である。
意味もなくゲーム初心者をボコボコにするなんてのは決して褒められるような行為じゃないだろう。

だがそんな事は知った事じゃない。

対戦ゲームは基本的に

“勝たなきゃ面白くない”んだからな。

相手とギリギリの勝負をするから楽しいというのは本当だが。

相手を圧倒して勝つという快楽も、間違いなくここにはあるのだ。

魍魎ノ類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
『いつかの心を 忘れる心 for me any more』



最後に心を震わせたのは いつだったか

あのときの気持ちを もう再現できない




──風が吹いた。

"the sky, the earth, the sun, a wind,
and a little rain are necessary"

携帯音楽プレイヤーに繋がったイヤホンから小さな音が漏れる。

手を伸ばし、空を掴んだ。
空気が揺れ、雲がすり抜けて行く。

誰も来ない屋上で、私はただ空を眺めていた。

人目を気にせずに仰向けになれる場所など私には此処ぐらいしか思いつかなかった。

私は無意識の内に歌詞を口ずさむ。


──こんなにも歌は美しいのに。


雲が流れ、太陽の光を遮った。
影が地上に映し出される。

あたりが一瞬だけ暗くなり、太陽が再び顔を覗かせた。

右腕で眩しい光を遮る。
風が強く吹き、私は少し目を細めた。

刹那、人影が視界の端に映る。

「……なにがそんなに悲しいんだい?」

気がつくと、私のすぐ近くに同い年ぐらいの男が立っていた。
風がその服をなびかせる。

「──別に」
「何でもないという事は、ないだろうさ」

高校の制服でもなくただの私服で、学校の屋上にそいつは居た。
フェンスの向こうを、何処となく彼は眺め続けている。

「悲しいんだろう? 切ないのだろう? どうしようもなく、虚しいのだろう?」
「それは──」
「少しでも吐き出せば、心が軽くなるんじゃないのかい?」

彼は甘言を口にする。
誰もないない空に呟けば、気は楽になるのだろうか。

「ここなら誰も聞いてないだろう? なにか云いたい事はないのかい?」
「──」

彼は優しい顔をこちらに向けた。
風が髪を揺らす。

高い空にはなんの曇りもなく──

沈黙ではない空気。
大気の音が世界を充たす。

「喋ってしまえば   」

物悲しい歌が終り、携帯プレイヤーから次の曲が流れ出した。
私は無造作にイヤホンを引きはずす。

それでも……

「何も云うつもりは」

私は独りこの空に呟く。

「ありません」

屋上には私一人。目をつぶり、風の音を聞く。

例え何をしたところで
この胸のモヤモヤは消えはしないのだろう。

私はそれでいい。私は……それがいい。

悲しいのは人間だからか。

私は弱く、迷いで一杯で。
世界はどこか歪んでみえる。

何が悲しいのか、口には出せないけれど。

説明は出来ないけれど。

「それでも」

なにかが、悲しい。
理由もなく、ただ切ない。

風は揺れ、意味もなく眼が熱くなる。

私はこの胸の痞えを大事にしたいと思うのだ。
ギュウと心を締め付けられる、この感覚が、

私は好きだ。

張り裂けそうになるこの胸を。

この季節が

目蓋が熱くなるこの感情が。

その一瞬を

それが私に心があることを思い出させてくれる。


──この切なくなるほど恋に似た虚無を


私は愛している。


間隙


太陽の眩しさに目を細めた。
屋上には私しかおらず、音楽プレイヤーは無機質に曲を流し続けている。

この泣きたくなるほどの悲しさを私は失いたくない。
心に空いたこの穴を塞ぎたくはない。

娯楽に浸り隙間を埋め、頭を痺れさせたくはない。

この空虚な心に震える指が。
何も手に付かなくなるこの時間が。

一人だけのこの刹那が。

私は愛おしい。

──それでも

この狂おしいほど哀しさを、私はいつか失ってしまうのだろうか。
喪失の虚無をすら。私は失くしてしまうのだろうか。

いつか私は飽きるのか。

この空にも。こんなに素晴らしい音楽にも。
この悲しさや切なさにも。

心をここに留めておく事は出来ないのか。

この恋のような、その感情を。
いずれ失ったとしても。

その喪失を悲しいと思うこともなくなるのだろうか。

心はうつろい、この空のように形を変え続けるのか。

いつか私の胸は充足してしまう。
この瞬間を、この気持ちを。忘れてしまう。

それはとても悲しいことだ。


そして、そうとすら思わなくなることが


私は途轍もなく──恐ろしく思われるのだ




妄想詩篇 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
 

― 燈宮 仮月 ―
Hinomiya Kaduki

趣味/
 「読書」
 「音楽鑑賞」
 「妄想」

座右/
 「初心忘れるべからず」
 「思い立ったが吉日」
 「継続は力なり」

口癖/
 「結局は程度問題」
 「時と場合に因る」
 「何事も経験」

欠点/
 「すべて狂言、、、、、

 
『他ならぬ、他人の為に』
『それはつまり、因果のように』
『世はなべて殊もなく』
コミックス・コード
『爆発的情報進化 Meme Explosion』
『Fight and Flight』
『重力の中』
『ロストリモート』
『あんちのみ?』
『日常机上』
『頭蓋骨と頭痛の間で益体も無い話』
『都市なる伝説 Netlore』
『感情と、機械の生物 nothing but ism』
『“特別”もいずれ』
『Letter』
『細胞奴隷』
『死ヲ希シ慮ル事念ズ』
『All are the gradations』
『オール オア ナッシング』
『いつかの心を 忘れる心 for me any more』
『一般的に一般人は一般的に云って一般以下である』
『引き篭もりの愚者』
『人災について』
『世界の片隅で愚痴を云ったら自分に返ってくるって意外と真理』
『危機感欠如認知バイアス Somebody else's problem acknowledgment bias』
『命の重さ──言葉の重さ Weight the mind』
『Fortuna amicos conciliat, inopia amicos probat. 』
『せめて人間らしく』
『傾ぐ世界 Poltergeist』
『自殺考察(1) 墜落追悼』


◆学術系
国民が知らない反日の実態
FreeJapan.TV (国益最前線)
マンガ論争勃発-継続中
1ドットの声にもギガバイトの魂
Open ブログ
泉の波立ち
スタンダード 反社会学講座
哲学的な何か、あと科学とか
Me pudet imprudentiae meae.
博士の独り言
IT & Economics 池田信夫 blog
日本のここがおかしい
日本経済をボロボロにする人々
rarity0
Zopeジャンキー日記
古代ギリシア哲学と現代倫理学のページ
独白日誌
山下太郎のラテン語入門
Sankei Web
ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)
JAXA 宇宙航空研究開発機構
◆サブカル
GIGAZINE
分裂勘違い君劇場
破壊屋
チェキ空ブログ
制作のしおり
ハックルベリーに会いに行く
死ぬほど洒落に
島国大和のド畜生
日常ごっこ
SPOTWRITE
無人島日記
ニートの海外就職日記
As a Futurist…
G.A.W.
地を這う難破船
オタク商品研究所plus
end-point 科学に佇む心と体
conflict error
Technobahn
痛いニュース(ノ∀`)
◆データベース系
報道監視まとめWIKI
放送されない政治家の思想と実績
エロゲ販売規制問題まとめwiki
子供の犯罪被害データベース
政治ブログランキング
無法地帯
ウェブ石碑
◆読書系
幻影の書庫
ジャックハマー
taipeimonochrome ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂
ミームの死骸を待ちながら
隠れ蓑~penseur~
◆芸術系
檸檬通り
僕のアベノライフ
◆写真系
JUNK GARDEN
染谷翔の自転車世界一周ワロスw
◆音楽系
kaiの判別式
mosaik - electronic music
19's Sound Factory
Aliced Twilightz
Iemitsu.
◆アニメ系
Other voices-遠い声-
フジテレビ“ノイタミナ” TVアニメ 東のエデン
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
化物語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。